Click on image below to show it in full size

SOAR SOUND Original page

ファインライン・コンフォート“モラード” SR-CP605 シュラグヴェルク / Schlagwerk

¥69,984 (658)

*The item description provided by the seller is automatically translated. In some circumstances, the automatic translation may not provide a clear or accurate description, so please only use it as a reference when placing bids or orders.

カホン“ファインライン・コンフォート”シリーズ カホン界をリードするシュラグヴェルク社が、その技術の粋を集めて完成させた、カホンの最高峰。 ●打面材:ホンジュラス・ローズウッド 丸みのあるタイトで落ち着いたサウンドは、絶妙なバランス。レゾナンス・ボックスの豊かな鳴りが、余裕たっぷりにまとめています。 “コンフォート”ー柔らかなカーブ ファインライン・コンフォート・カホンに初めて採用された【CLM】プレス工法(Cross-Laminating & Moulding)で成形されたビーチ材のレゾナンス・ボックスは、上部に継ぎ目の無い、まるでヘビーな高級ドラムシェルのような構造。それにより、今までに無い“鳴り”が生まれました。 “ファインライン・スネア” コイル状に巻かれたカスタム・ワウンド・ワイヤー(CustomWound Wire=CW2)が計12本。“ラ・ペルー”シリーズのテクニックをベースにしたポジショニングで、張りの調節も可能。センシティブなレスポンスを実現します。 ●レゾナンス・ボックス:ビーチ材/CLMプレス工法 ●サイズ:30×30×50cm ●響き線:ファインライン・スネア/CW2スネア・ワイヤー ●付属品:カホン・リュックサック、デラックス・カホン・パッドSR-SP60   カホンとは? ラテン・アメリカ発祥の手で叩く木箱の太鼓です。かつての中南米で行われていた奴隷貿易の悲しい歴史を背負った木箱の太鼓は、今やエスニック音楽の枠を超えて、ポップ・ミュージック、クラシック奏者、音楽教育者まで、幅広い愛好家を獲得するに至りました。その源流を作ったのが、このシュラグヴ ェルクのカホンと言っても過言ではありません。独自のアイデアを盛り込んだ製品の数々は、今尚さらに進化を続けています。

カホン“ファインライン・コンフォート”シリーズ カホン界をリードするシュラグヴェルク社が、その技術の粋を集めて完成させた、カホンの最高峰。 ●打面材:ホンジュラス・ローズウッド 丸みのあるタイトで落ち着いたサウンドは、絶妙なバランス。レゾナンス・ボックスの豊かな鳴りが、余裕たっぷりにまとめています。 “コンフォート”ー柔らかなカーブ ファインライン・コンフォート・カホンに初めて採用された【CLM】プレス工法(Cross-Laminating & Moulding)で成形されたビーチ材のレゾナンス・ボックスは、上部に継ぎ目の無い、まるでヘビーな高級ドラムシェルのような構造。それにより、今までに無い“鳴り”が生まれました。 “ファインライン・スネア” コイル状に巻かれたカスタム・ワウンド・ワイヤー(CustomWound Wire=CW2)が計12本。“ラ・ペルー”シリーズのテクニックをベースにしたポジショニングで、張りの調節も可能。センシティブなレスポンスを実現します。 ●レゾナンス・ボックス:ビーチ材/CLMプレス工法 ●サイズ:30×30×50cm ●響き線:ファインライン・スネア/CW2スネア・ワイヤー ●付属品:カホン・リュックサック、デラックス・カホン・パッドSR-SP60   カホンとは? ラテン・アメリカ発祥の手で叩く木箱の太鼓です。かつての中南米で行われていた奴隷貿易の悲しい歴史を背負った木箱の太鼓は、今やエスニック音楽の枠を超えて、ポップ・ミュージック、クラシック奏者、音楽教育者まで、幅広い愛好家を獲得するに至りました。その源流を作ったのが、このシュラグヴ ェルクのカホンと言っても過言ではありません。独自のアイデアを盛り込んだ製品の数々は、今尚さらに進化を続けています。

カホン“ファインライン・コンフォート”シリーズ カホン界をリードするシュラグヴェルク社が、その技術の粋を集めて完成させた、カホンの最高峰。 ●打面材:ホンジュラス・ローズウッド 丸みのあるタイトで落ち着いたサウンドは、絶妙なバランス。レゾナンス・ボックスの豊かな鳴りが、余裕たっぷりにまとめています。 “コンフォート”ー柔らかなカーブ ファインライン・コンフォート・カホンに初めて採用された【CLM】プレス工法(Cross-Laminating & Moulding)で成形されたビーチ材のレゾナンス・ボックスは、上部に継ぎ目の無い、まるでヘビーな高級ドラムシェルのような構造。それにより、今までに無い“鳴り”が生まれました。 “ファインライン・スネア” コイル状に巻かれたカスタム・ワウンド・ワイヤー(CustomWound Wire=CW2)が計12本。“ラ・ペルー”シリーズのテクニックをベースにしたポジショニングで、張りの調節も可能。センシティブなレスポンスを実現します。 ●レゾナンス・ボックス:ビーチ材/CLMプレス工法 ●サイズ:30×30×50cm ●響き線:ファインライン・スネア/CW2スネア・ワイヤー ●付属品:カホン・リュックサック、デラックス・カホン・パッドSR-SP60   カホンとは? ラテン・アメリカ発祥の手で叩く木箱の太鼓です。かつての中南米で行われていた奴隷貿易の悲しい歴史を背負った木箱の太鼓は、今やエスニック音楽の枠を超えて、ポップ・ミュージック、クラシック奏者、音楽教育者まで、幅広い愛好家を獲得するに至りました。その源流を作ったのが、このシュラグヴ ェルクのカホンと言っても過言ではありません。独自のアイデアを盛り込んだ製品の数々は、今尚さらに進化を続けています。

カホン“ファインライン・コンフォート”シリーズ カホン界をリードするシュラグヴェルク社が、その技術の粋を集めて完成させた、カホンの最高峰。 ●打面材:ホンジュラス・ローズウッド 丸みのあるタイトで落ち着いたサウンドは、絶妙なバランス。レゾナンス・ボックスの豊かな鳴りが、余裕たっぷりにまとめています。 “コンフォート”ー柔らかなカーブ ファインライン・コンフォート・カホンに初めて採用された【CLM】プレス工法(Cross-Laminating & Moulding)で成形されたビーチ材のレゾナンス・ボックスは、上部に継ぎ目の無い、まるでヘビーな高級ドラムシェルのような構造。それにより、今までに無い“鳴り”が生まれました。 “ファインライン・スネア” コイル状に巻かれたカスタム・ワウンド・ワイヤー(CustomWound Wire=CW2)が計12本。“ラ・ペルー”シリーズのテクニックをベースにしたポジショニングで、張りの調節も可能。センシティブなレスポンスを実現します。 ●レゾナンス・ボックス:ビーチ材/CLMプレス工法 ●サイズ:30×30×50cm ●響き線:ファインライン・スネア/CW2スネア・ワイヤー ●付属品:カホン・リュックサック、デラックス・カホン・パッドSR-SP60   カホンとは? ラテン・アメリカ発祥の手で叩く木箱の太鼓です。かつての中南米で行われていた奴隷貿易の悲しい歴史を背負った木箱の太鼓は、今やエスニック音楽の枠を超えて、ポップ・ミュージック、クラシック奏者、音楽教育者まで、幅広い愛好家を獲得するに至りました。その源流を作ったのが、このシュラグヴ ェルクのカホンと言っても過言ではありません。独自のアイデアを盛り込んだ製品の数々は、今尚さらに進化を続けています。